1. TOP
  2. 日本
  3. 岐阜県
  4. 観光スポット
  5. 奥飛騨クマ牧場
  • 奥飛騨クマ牧場 1枚目

奥飛騨クマ牧場

岐阜県 - 奥飛騨 テーマパーク
  • 奥飛騨クマ牧場 1枚目
  • 奥飛騨クマ牧場 2枚目
  • 奥飛騨クマ牧場 3枚目
  • 奥飛騨クマ牧場 4枚目
  • 奥飛騨クマ牧場 5枚目

こぐまとの触れ合いや記念撮影が大人気のクマ牧場

奥飛騨温泉郷にある、ニホンツキノワグマを飼育する動物園だ。年中無休で開園しており、クマへのエサやりを体験できる。毎年ゴールデンウィークのころには、こぐまが登場。触れ合いや記念撮影といったイベントが好評を博している。個性豊かなクマたちの姿に、時間を忘れて楽しめる。オリジナル土産もぜひチェックしよう。

奥飛騨クマ牧場の見どころ

見どころ1:約100頭のツキノワグマ

見どころ1:約100頭のツキノワグマ

牧場で暮らすのは、ニホンツキノワグマのみ。約100頭の飼育総数は、日本最大級の規模である。池のある大きな飼養場の他、5カ所の飼養場を有する。

見どころ2:エサやり体験

見どころ2:エサやり体験

クッキーやドライフルーツなどのエサを、園内で販売する。クマたちはアピールのために手を振ったり、叩いたり。仕草にクマたちの個性が感じられる。

見どころ3:冬も遊べる全天候型施設

見どころ3:冬も遊べる全天候型施設

各飼養場はすべて屋根付きの通路で結ばれているため、天候や季節に左右されずに見学できる。雨の日や冬季の奥飛騨温泉観光におすすめのスポットだ。

見どころ4:春から秋はこぐまと触れ合い

見どころ4:春から秋はこぐまと触れ合い

冬に生まれたこぐまと触れ合い、ヒザにのせて記念撮影を楽しめる。開催期間は、4月末から11月末。可愛らしく、丸々としたこぐまから目が離せない。

見どころ5:森の物産館

見どころ5:森の物産館

売店では、クマのぬいぐるみやお菓子などを販売している。滋養がある「熊力ドリンク」、手荒れに良い「熊の油」は、クマ牧場特製のオリジナル商品だ。

奥飛騨クマ牧場の人気の時期は?

奥飛騨クマ牧場の人気の時期は?

グラフは「奥飛騨クマ牧場」周辺の交通データやSNSでの言及回数を元に作成した、「奥飛騨クマ牧場」の年間の人気度を分かりやすく見える化したものだ。

これを見ても分かるとおり、「奥飛騨クマ牧場」は8月頃にピークとなり、夏に訪れることが多い観光スポットだと分かる。旅行計画の参考にしてみてほしい。

奥飛騨クマ牧場の年間の人気度
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

奥飛騨クマ牧場の近くにあるスポット

奥飛騨クマ牧場を観光したら、奥飛騨クマ牧場から車で5分の場所にある「ひらゆの森」もついでに巡ってみよう。

ひらゆの森

  • ひらゆの森 3枚目
  • 奥飛騨温泉郷にある、日帰りも宿泊も可能な温泉施設だ。最大の特長は、男女合わせて13カ所の露天風呂。豊かな原生林に囲まれているため、温泉浴とともに森林浴も満喫できる。他にも内湯、貸切風呂、ペット用露天風呂などがそろっている。食事処や土産物の売店、休憩所も完備。観光の予定やスタイルに合わせて活用したい。

    奥飛騨クマ牧場を観光したついでに行ってみよう。

    奥飛騨クマ牧場の近くにあるおすすめの宿

    奥飛騨クマ牧場を観光するなら、奥飛騨クマ牧場から歩いて10分の「奥飛騨温泉郷 寛ぎの舎 游」が便利。

    奥飛騨温泉郷 寛ぎの舎 游

  • 奥飛騨温泉郷 寛ぎの舎 游 1枚目
  • 北アルプスの四季の移ろいを眺められる露天風呂で源泉かけ流しの天然温泉を満喫できる高級旅館。奥飛騨の雄大な自然の中というロケーションに優れた立地も魅力だ。夕食は飛騨牛を思う存分堪能できる名物料理「游山鍋(ゆうざんなべ)」を楽しめる。広い宴会場が用意されているから家族での記念旅行にも使える。

    奥飛騨クマ牧場のアクセス

    奥飛騨クマ牧場の詳細情報

    名称
    奥飛騨クマ牧場
    住所
    岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ケ根2535番地
    営業・開催期間
    年中無休◆8:00~17:00(最終受付16:30) 冬季~16:30まで

    常に最新の情報に更新するよう心がけておりますが、営業日、営業時間、支払い方法をはじめとする情報は常に更新されているため、正確な情報は事前に公式HPやSNSなどからご確認いただくことをおすすめします。情報の正確性については保証されませんのであらかじめご了承ください。

    岐阜県の "観光スポット" ランキング

    ジャンル別ランキング