ひらゆの森

岐阜県 - 奥飛騨 温泉
  • ひらゆの森 3枚目
  • ひらゆの森 1枚目
  • ひらゆの森 2枚目
  • ひらゆの森 4枚目
  • ひらゆの森 5枚目

原生林に囲まれた13カ所の露天風呂を有する温泉施設

奥飛騨温泉郷にある、日帰りも宿泊も可能な温泉施設だ。最大の特長は、男女合わせて13カ所の露天風呂。豊かな原生林に囲まれているため、温泉浴とともに森林浴も満喫できる。他にも内湯、貸切風呂、ペット用露天風呂などがそろっている。食事処や土産物の売店、休憩所も完備。観光の予定やスタイルに合わせて活用したい。

ひらゆの森の見どころ

見どころ1:野趣あふれる露天風呂

見どころ1:野趣あふれる露天風呂

13カ所の露天風呂は野趣があふれており、開放感がたまらない。温度や濁り具合は湯船ごとに違う。気軽に湯めぐりを楽しめるのも、魅力のひとつだ。

見どころ2:源泉かけ流し

見どころ2:源泉かけ流し

館内すべての湯船は、源泉をかけ流しで使用している。硫黄分を含み、奥飛騨温泉郷では珍しい白濁の湯だ。神経痛や筋肉痛、冷え性といった効能がある。

見どころ3:冬は内湯で温まる

見どころ3:冬は内湯で温まる

内湯として、男女ともに大浴場が設けられている。吹き抜けの天井で広々としており、昔の湯治場のようにレトロな趣だ。冬は窓から望む雪景色が美しい。

見どころ4:ユニークな貸切風呂

見どころ4:ユニークな貸切風呂

巨大鉄鍋を利用した、ユニークな貸切風呂が人気だ。湯船は真ん中で仕切られ、半分は内湯、残り半分は露天風呂になっている。フロントでの受付が必要。

見どころ5:飛騨土産がそろう売店 

見どころ5:飛騨土産がそろう売店 

土産物をそろえた売店が、喫茶ラウンジに併設されている。お菓子や地酒、民芸品といった飛騨ならではの品が充実。湯上りにゆっくり買い物を楽しもう。

ひらゆの森の人気の時期は?

ひらゆの森の人気の時期は?

グラフは「ひらゆの森」周辺の交通データやSNSでの言及回数を元に作成した、「ひらゆの森」の年間の人気度を分かりやすく見える化したものだ。

これを見ても分かるとおり、「ひらゆの森」は8月頃にピークとなり、夏に訪れることが多い観光スポットだと分かる。旅行計画の参考にしてみてほしい。

ひらゆの森の年間の人気度
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

ひらゆの森の近くにあるスポット

ひらゆの森を観光したら、ひらゆの森から車で2分の場所にある「平湯大滝」もついでに巡ってみよう。

平湯大滝

  • 平湯大滝 4枚目
  • 高原川上流にある幅6m、落差64mの滝だ。水量が多く、轟音とともに流れ落ちる様子は迫力がある。飛騨三大名瀑のひとつに数えられ、日本の滝百選にも選ばれている。新緑、紅葉、氷瀑など四季折々の風景が見どころ。冬にはライトアップがおこなわれる。周辺は探勝路が整備されているので、滝見物がてら散策を楽しもう。

    ひらゆの森を観光したついでに行ってみよう。

    ひらゆの森の近くにあるおすすめの宿

    ひらゆの森を観光するなら、ひらゆの森から歩いて5分の「深山桜庵別館 湯めぐりの宿 平湯館(共立リゾート)」が便利。

    深山桜庵別館 湯めぐりの宿 平湯館(共立リゾート)

  • 深山桜庵別館 湯めぐりの宿 平湯館(共立リゾート) 1枚目
  • 奥飛騨温泉郷の中で最も歴史ある平湯温泉に建つ全81室のリゾートホテル。天然温泉が魅力で源泉かけ流しで趣の異なる8つの風呂で湯汲みを楽しむことができる。上質な雰囲気が魅力で大人が落ち着いて過ごせるだ。売店や夜食コーナーなどのあったら助かる設備も整っている。

    ひらゆの森のアクセス

    ひらゆの森の詳細情報

    名称
    ひらゆの森
    住所
    岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1
    営業・開催期間
    年中無休
    営業時間
    10時~21時(受付~20時30分)
    ※新型コロナウイルス感染拡大の影響により、営業時間が一時的に変更となっている場合があります。最新情報は公式HPや公式SNSなどで直接ご確認ください。

    常に最新の情報に更新するよう心がけておりますが、営業日、営業時間、支払い方法をはじめとする情報は常に更新されているため、正確な情報は事前に公式HPやSNSなどからご確認いただくことをおすすめします。情報の正確性については保証されませんのであらかじめご了承ください。

    岐阜県の "観光スポット" ランキング

    ジャンル別ランキング