• 登別地獄谷 1枚目

登別地獄谷

北海道 - 洞爺・登別・苫小牧 自然 / 絶景 / 夜景 / 温泉 / パワースポット
  • 登別地獄谷 1枚目
  • 登別地獄谷 2枚目
  • 登別地獄谷 3枚目
  • 登別地獄谷 4枚目
  • 登別地獄谷 6枚目
  • 登別地獄谷 7枚目

火口から白煙を上げる様子は鬼が棲む地獄のよう

  • 登別地獄谷 1枚目

北海道を代表する温泉地である登別温泉の中でも最大の湯量を誇る源泉。直径450mの爆裂火口の跡からは大地獄を中心に15の地獄があり毎分三千リットルものお湯が湧き出している。

その光景が鬼が棲む地獄のようであることから「地獄谷」と呼ばれるようになった。

登別温泉は世界的にも珍しい様々な泉質の温泉が同じ場所から湧き出していることでも知られる。

地獄谷の周辺には表面温度が40~50度になる大湯沼、高山植物の名所である日和山、登別原始林などが広がっている。

登別地獄谷の人気の時期は?

グラフは「登別地獄谷」周辺の交通データやSNSでの言及回数を元に作成した、「登別地獄谷」の年間の人気度を分かりやすく見える化したものだ。

「登別地獄谷」のトップシーズンは夏で、その中でも8月は一年で最も人気のある時期となる。逆に閑散期は2月になり一年で最も観光客の少ない時期になる。

登別地獄谷の年間の人気度
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

登別地獄谷の春夏秋冬の魅力

春の登別地獄谷

春の登別地獄谷

遊歩道を歩けば地獄谷を間近で見ることができる。その匂いと雰囲気に思わず圧倒されてしまう。ここは地獄への道なのだろうか。

夏の登別地獄谷

夏の登別地獄谷

夏は一年で最も人気のある季節で観光客が多く集まる時期だ。8月頃には「登別地獄谷」のトップシーズンを迎える。

夏に行われる地獄谷の鬼花火。温泉の護り神とされる「湯鬼神」(ゆきじん)たちが人々の無病息災を祈って花火を打ち上げる姿は迫力満点。例年6月初旬から8月中旬まで毎週木曜日と金曜日の午後8時30分から約15分間開催。

秋の登別地獄谷

秋の登別地獄谷

秋には地獄谷の周辺で美しい紅葉を見ることができる。地獄のような景色とのコントラストは実に面白い。

冬の登別地獄谷

冬の登別地獄谷

冬の地獄谷は雪に包まれて美しい景色になる。白銀の谷の中から温泉の湯気が立ち込める姿は感動的。

登別地獄谷の近くにあるスポット

登別地獄谷を観光したら、登別地獄谷から車で43分の場所にある「洞爺湖」もついでに巡ってみよう。

洞爺湖

  • 洞爺湖 1枚目
  • 火山の噴火によって作られた日本最大級のカルデラ湖。美しく輝く青い湖面は「洞爺湖ブルー」と呼ばれ日本だけでなく海外の観光客からも絶賛されている。

    春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪景色など、季節によって変わるその景色はまさに北海道を代表する絶景だ。

    色々な楽しみ方ができるのも魅力で、展望台から洞爺湖の絶景を眺め、遊覧船で洞爺湖を巡り、良質な洞爺湖温泉につかって、新鮮な海鮮を食べると言った過ごし方ができる。

    周囲には観光スポットが点在しており、昭和新山、有珠山火口原展望台、壮瞥滝、牧場など一日では足りないくらい楽しむことができる。

    登別地獄谷を観光したついでに行ってみよう。

    登別地獄谷の近くにあるおすすめの宿

    登別地獄谷を観光するなら、登別地獄谷から車で40分の「ザ・レイクスイート湖の栖」が便利。

    ザ・レイクスイート湖の栖

  • ザ・レイクスイート湖の栖 1枚目
  • 洞爺湖温泉に建つラグジュアリーなリゾートホテル。景観の良さが魅力で洞爺湖の美しい景色が特長だ。洞爺湖が見える8階「湖上の湯」を満喫できるのも魅力。夕食はビュッフェや会席から選べる。プールがあるから子供連れで行く家族旅行にも選ばれている。

    登別地獄谷のアクセス

    登別地獄谷の詳細情報

    名称
    登別地獄谷
    住所
    北海道登別市登別温泉町無
    電話
    143843311
    営業・開催期間
    年中開放
    営業時間
    終日
    ※新型コロナウイルス感染拡大の影響により、営業時間が一時的に変更となっている場合があります。最新情報は公式HPや公式SNSなどで直接ご確認ください。
    公式HP
    http://noboribetsu-spa.jp/see_activitie/nobor

    常に最新の情報に更新するよう心がけておりますが、営業日、営業時間、支払い方法をはじめとする情報は常に更新されているため、正確な情報は事前に公式HPやSNSなどからご確認いただくことをおすすめします。情報の正確性については保証されませんのであらかじめご了承ください。

    北海道の "観光スポット" ランキング

    ジャンル別ランキング