1. TOP
  2. 日本
  3. 青森県
  4. 青森県 シニア旅
弘前城の城門

高齢でも負担が少ない青森の観光スポットおすすめランキングBEST10

最終更新日:2022-06-29

青森は弘前公園、十和田湖、鶴の舞橋、八食センターなど高齢者に人気のスポットが数多くある。しかし、数が多すぎて旅行の計画を立てようにも、どこにしようかなかなか決めることができないという人も多いのではないのだろうか。

そこでローカルベストでは経験豊富な編集部と外部のローカルガイドが協力し「高齢でも負担が少ない青森の観光スポット」を徹底的に検証し、ベストな旅行先の選び方を考えてみた。

その上で、「高齢でも負担が少ない青森の観光スポットおすすめランキングBEST10」を紹介したいと思う。

青森でシニア旅行を楽しむポイント

1.青森のエリアごとの特徴を知ろう

青森の地図と位置

青森県は日本最北端にある海に面した場所だ。観光を目的としたときには4つのエリアを理解しておくと分かりやすい。

1.津軽エリア

青森の玄関口である青森駅があり、青森旅行には定番とも言えるエリア。人気の観光スポットが数多くあり、重要文化財の弘前城や明治時代のレトロな洋館など歴史散策をするのも楽しい。

2.三八上北エリア

三(三戸郡)、八(八戸市)、上北(上北郡)の頭文字をとって呼ばれるエリア。青森を代表するリゾート地である十和田湖や奥入瀬渓流がある自然豊かなエリア。海沿いには東北で最大級の漁獲量を誇る漁港や東北最大級の朝市やグルメ施設が集中しており、グルメを目的とした旅行を考えているなら外せないエリア。

3.下北エリア

本州最北端の地である下北半島があるエリア。美しい自然の絶景が楽しめるスポットが多くあり、海岸線をドライブをしながら豊かな自然に触れることができる。大間のマグロも有名。

2.移動や徒歩の負担をできる限り減らす

シニア旅行

現役引退後のシニア旅行や高齢者と一緒に行く旅行ではやはり体力的に若い人と同じように動き回ることは難しい。

移動だけで疲れてしまったら心から旅行を楽しめなくなってしまうだろう。飛行機や車での移動は最小限にしたいし徒歩での移動はできる限り負担を減らしたい。

ランキングではできるだけ坂を歩くとか長い階段を上がるといったような高齢者にとって負担の大きいスポットは避け、身体の負担がないようなスポットを選んでいる。

もちろん旅行を楽しめるように高齢者に人気のスポットは上位にランクインしているので、シニア旅行を計画している人にはぜひ参考にしてもらいたい。

高齢でも負担が少ない青森の観光スポットおすすめランキングBEST10

ローカルベストでは経験豊富な編集部と外部のローカルガイドが協力し「高齢でも負担が少ない青森の観光スポット」を徹底的に検証し、ベストな旅行先を考えてみた。

ランキングは「高齢でも負担が少ない青森の観光スポット」を吟味した上で、編集部に集積された旅行経験やオンライン上の口コミを元にして一定の基準を満たすスポットを独自の評価基準で採点し編集部で独自に順位付けしている。

青森のおすすめランキング

  • 弘前公園 1枚目
  • 弘前公園 2枚目
  • 弘前公園 3枚目
  • 弘前公園 4枚目
  • 弘前公園 6枚目
  • 弘前公園 7枚目

1

弘前公園

弘前 絶景 / 公園・庭園 / 桜

桜が美しいフォトジェニックな公園

東北を代表する城下町だった弘前市。その弘前市の歴史や文化を象徴するのが弘前公園だ。弘前城や桜並木、杉の大橋、重要文化財の石場家住宅など見どころがたくさんある。 桜の名所としても名高く、2,600本の桜が咲く春は弘前公園が最も美しく輝く時期。「弘前さくらまつり」には国内外から200万人以上が訪れる。 弘前公園の園内にある弘前城は現存する最北端の天守閣として知られる。1611年に築城し、400年以上に渡って当時の天守閣や城門、水濠などが残っているのは全国的にも珍しい。

【詳細情報】
住所:青森県弘前市大字下白銀町1番地1
営業時間:9:00~17:00(時期によって延長の場合あり)
定休日:年中開放

※新型コロナウイルス感染対策の影響で営業時間が変更になってる可能性があります。詳細は運営者に直接ご確認ください。

  • 十和田湖 1枚目
  • 十和田湖 2枚目
  • 十和田湖 3枚目
  • 十和田湖 4枚目
  • 十和田湖 6枚目
  • 十和田湖 7枚目

2

十和田湖

十和田湖・大館・鹿角 自然 / 絶景 / パワースポット

鏡のように美しい湖

空も山々もすべてを映し込む鏡のように美しい十和田湖は東北を代表する景勝地。約20万年前の火山活動にで作られたカルデラ湖で、大地をえぐったようなくぼんだ形の湖だ。 なんと言ってもその美しさに感動する。四季折々の景色に彩られ、山や空を映し込む絵画のような景色は言葉にできないほどの感動に包まれる。雲海が発生する早朝は神秘的な雰囲気。 十和田湖神社や遊覧船、トレッキング、美術館など、十和田観光の中心的な位置付け。老舗旅館やリゾートホテルも数多くある。

【詳細情報】
住所:青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486
営業時間:終日開放
定休日:年中開放

※新型コロナウイルス感染対策の影響で営業時間が変更になってる可能性があります。詳細は運営者に直接ご確認ください。

  • 鶴の舞橋 1枚目
  • 鶴の舞橋 2枚目
  • 鶴の舞橋 3枚目
  • 鶴の舞橋 4枚目
  • 鶴の舞橋 5枚目
  • 鶴の舞橋 7枚目
  • 鶴の舞橋 8枚目

3

鶴の舞橋

弘前 絶景 / 歴史遺産 / パワースポット

神が宿る神秘の木製太鼓橋

全長300m。木造の三連太鼓橋としては日本最長の木橋。古い伝説が残る神秘の湖として知られる津軽富士見湖にかかる木製のアーチは風情あふれる情緒的な雰囲気を醸し出している。 青森を代表するフォトジェニックな場所としても知られ、国内外から写真家やインスタグラマーが数多く訪れている。 近くには富士見湖パークと丹頂鶴自然公園があり、地元の人の憩いの場としても利用されている。ピクニックやお花見、魚釣りやボートの遊覧などそれぞれが思い思いに過ごしている姿が印象的。

【詳細情報】
住所:青森県北津軽郡鶴田町廻堰大沢81-150
営業時間:終日開放
定休日:年中開放

※新型コロナウイルス感染対策の影響で営業時間が変更になってる可能性があります。詳細は運営者に直接ご確認ください。

4

八食センター

八戸 

青森の新鮮な海鮮をその場で楽しめるグルメ市場

新鮮な魚介類や農産品が並ぶ巨大なグルメ施設。全長170メートルに約60店の専門店が入る。青森県八戸の特産品をここで一気に食べることができるとあって、連日地元客や観光客が多く訪れている。 飲食スペースが充実しており、持ち帰り用だけでなく買ってその場で食べたり、料理してもらって食べることができる。刺身をそのまま食べてもよし、グリルで焼いて食べるもよし、新鮮な食材をその場でお腹いっぱい食べるには最高の場所だ。 マグロの解体ショーやお笑いライブ、料理教室、フリーライブなど食べる以外のイベントも開催されており、色々と楽しめる。子供向けの遊び場もあるので、子供連れでも安心だ。

【詳細情報】
住所:青森県八戸市河原木字神才22-2
営業時間:市場棟・味横丁:9:00~18:00、飲食棟くりやスタジアム:9:00~21:00
定休日:市場棟・味横丁:水曜定休、 飲食棟くりやスタジアム:年中無休

※新型コロナウイルス感染対策の影響で営業時間が変更になってる可能性があります。詳細は運営者に直接ご確認ください。

  • 三内丸山遺跡 2枚目
  • 三内丸山遺跡 1枚目
  • 三内丸山遺跡 3枚目
  • 三内丸山遺跡 4枚目
  • 三内丸山遺跡 6枚目
  • 三内丸山遺跡 7枚目

5

三内丸山遺跡

青森 歴史遺産

日本最大の縄文遺跡

縄文時代の大規模集落跡を見ることができる遺跡群。日本最大の広さを誇り、日本における歴史的価値が高い場所。住居や貯蔵庫、お墓などの建物跡の他に、日本最古の縄文土器や土偶などもある。 三内丸山遺跡のすごさは集落の規模の広さだ。550棟の建物跡が見つかっており、当時としてはかなりの規模の集落だったことが分かっている。道路も計画的に作られており歴史を覆すほどの文化的な集落だ。 遺跡は広いので1日で全てを見ることは難しい。経験豊富なボランティアガイドのツアーに参加して効率よくまわるのがおすすめ。「さんまるミュージアム」という出土品の博物館に先に行くとより遺跡への理解が深まって楽しい。

【詳細情報】
住所:青森県青森市大字三内字丸山305
営業時間:9時~17時(6月~9月及びGW:~18時)
定休日:毎月第4月曜日(祝日の場合は翌日)、12月30日~1月1日

※新型コロナウイルス感染対策の影響で営業時間が変更になってる可能性があります。詳細は運営者に直接ご確認ください。

  • 弘前城 1枚目
  • 弘前城 2枚目
  • 弘前城 3枚目
  • 弘前城 4枚目
  • 弘前城 6枚目
  • 弘前城 7枚目
  • 弘前城 8枚目

6

弘前城

弘前 歴史遺産

400年前の姿が現存する歴史ある城

弘前公園の園内にある弘前城は現存する最北端の天守閣として知られる。1611年に築城し、400年以上に渡って当時の天守閣や城門、水濠などが残っているのは全国的にも珍しい。 城自体は小さく、決して派手な城ではないが、昔からの情緒ある雰囲気は一見の価値あり。春は桜、秋は紅葉、冬はライトアップと春夏秋冬どの時期でも季節ごとの楽しみ方があるのも魅力。

【詳細情報】
住所:青森県弘前市大字下白銀町1番地1(弘前公園内)
営業時間:9:00~17:00(時期によって延長の場合あり)
定休日:11月24日~3月31日は冬季休業

※新型コロナウイルス感染対策の影響で営業時間が変更になってる可能性があります。詳細は運営者に直接ご確認ください。

  • 館鼻岸壁朝市 6枚目
  • 館鼻岸壁朝市 1枚目
  • 館鼻岸壁朝市 2枚目
  • 館鼻岸壁朝市 3枚目
  • 館鼻岸壁朝市 4枚目
  • 館鼻岸壁朝市 7枚目

7

館鼻岸壁朝市

八戸 

なんでもあり!日本最大級の巨大朝市

日本最大級の規模で開催される巨大朝市。普段は業者向けの市場だが、毎週日曜日の朝限定で一般にも開放される。食べ歩き用の出店が300軒以上出店し、威勢の良い掛け声と共に賑わいを見せる。 近海でとれた新鮮な魚介類はもちろんのこと、焼き魚や野菜、炊き込みご飯などありとあらゆるものが揃っている。中には骨董品やスイーツなど朝市とは関係なさそうなものも売っており、見て回るだけでも実に楽しい。 お店の人はおしゃべり好きなので、おすすめの魚や料理を聞きながら食べ歩くのもおすすめ。

【詳細情報】
住所:青森県八戸市新湊3丁目 館鼻岸壁内
営業時間:3:00~9:00
定休日:3月~12月、冬季休業

※新型コロナウイルス感染対策の影響で営業時間が変更になってる可能性があります。詳細は運営者に直接ご確認ください。

  • 高山稲荷神社 2枚目
  • 高山稲荷神社 1枚目
  • 高山稲荷神社 3枚目
  • 高山稲荷神社 4枚目
  • 高山稲荷神社 5枚目
  • 高山稲荷神社 6枚目
  • 高山稲荷神社 7枚目

8

高山稲荷神社

津軽西海岸 絶景 / 神社・寺院・教会 / パワースポット

千本鳥居が美しいフォトジェニックな神社

千本鳥居というと京都にある「伏見稲荷大社」が有名だが、青森の「高山稲荷神社」にも千本鳥居がある。数え切れないほどの鳥居が並ぶ姿は異世界のような不思議な雰囲気。 四季折々の景色も見応えがあり、春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪といつ来ても美しい景色を見ることができる。鳥居の奥にある高台からは全体を一望することができ、池に反射す鳥居と周辺の自然との一体感が実に綺麗だ。 龍が住んでいるという伝説が残る龍神宮は庭園が美しく、こちらも立ち寄りたい。

【詳細情報】
住所:青森県つがる市牛潟町鷲野沢147-1
営業時間:【参拝】9時~17時
定休日:年中無休

※新型コロナウイルス感染対策の影響で営業時間が変更になってる可能性があります。詳細は運営者に直接ご確認ください。

9

青森ねぶた祭

青森 季節のイベント

青森を代表する夏の風物詩

全国的に知られる青森県の代名詞ともいえる夏祭り。毎年8月2日~8月7日の6日間は約20台のねぶたが青森市の中心部を練り歩く。 「青森ねぶた祭」の最大の見どころは、「ねぶた(大きな人形灯籠)」や、「跳人(踊り子)」の2つ。華やかで元気あふれる光の芸術は一生に一度は行きたいイベントだ。 最終日にはフィナーレとして青森港で花火大会が行われる。同時開催でねぶた大賞を発表するイベントが行われ、花火を背景にして幻想的な雰囲気を楽しめる。

【詳細情報】
住所:青森県青森市
営業時間:-
定休日:8月2日から7日

※新型コロナウイルス感染対策の影響で営業時間が変更になってる可能性があります。詳細は運営者に直接ご確認ください。

10

ねぶたの家 ワ・ラッセ

青森 テーマパーク

年中楽しめるねぶた祭の博物館

青森ねぶた祭りを体感できる人気の観光施設。ねぶた祭で実際に運行された大型ねぶたを始めとし、ねぶた祭の歴史や魅力を知ることができる展示が数多くある。 ミュージアムや学習コーナーでは映像や実際に使用した小道具などを展示しており、迫力のある音や展示品でねぶた祭を体感できる。ねぶたの制作工程も分かりやすく解説されているので、ねぶた祭を知っている人でも新たな学びが得られる。 毎日定時にねぶた囃子の生演奏も行われており、ねぶた祭の時期以外でもねぶた祭の雰囲気を味わえる。

【詳細情報】
住所:青森県青森市安方1-1-1
営業時間:9:00~19:00 (5月~8月) ・ 9:00~18:00 (9月~4月)
定休日:年末年始、お盆は休業

※新型コロナウイルス感染対策の影響で営業時間が変更になってる可能性があります。詳細は運営者に直接ご確認ください。

ジャンル別ランキング