1. TOP
  2. 日本
  3. 京都府
  4. 丹後
  5. ホテル・旅館
  6. 丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)

京都府 - 丹後 高級 / 隠れ宿 / 絶景 / オーシャンビュー / 温泉 /

漁港と磯と海水浴場のそばに建つ旅館

漁港と磯と海水浴場のそばに建つ高級旅館。美しい夕日を眼下に収める眺望の良さが特長だ。天然温泉も魅力のひとつで日本海を一望できる夕日ヶ浦温泉の展望露天風呂を満喫できる。エステルームやマッサージがあるからホテル時間を満喫したい女子旅でも泊まりたい宿だ。

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)の過ごし方

丹後を観光して旅館に到着

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)の外観

「丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)」は漁港と磯と海水浴場のそばに建つ旅館。丹後や丹後周辺をアクティブに観光した後、程よい疲労感で到着。

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)のロビー

入口に到着すると和風な空間が迎えてくれる。まだロビーに着いただけなのに自宅のような安心感が溢れる。とりあえずフロントでチェックイン。

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)のラウンジ

「丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)」では落ち着いたラウンジを利用することができる。チェックインまで時間に余裕があればここでドリンクでも飲みながらひと休みしていくのもいい。

自宅に帰ったような安心感のある部屋でひと休み

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)の部屋

チェックインを済ませて部屋に向かう時が一番ワクワクする瞬間だ。入室すると自宅に帰ったような安心感のある部屋がお待ちかね。

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)のスイートルームや特別室

少し豪華な作りのお部屋がこちら。眺望も良く広々として贅沢な作りになっている。記念日やお祝いなどの特別なときに宿泊してみたい。

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)の客室風呂

気兼ねなく入れる豪華な客室風呂。家族やカップルに人気。

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)からの絶景・眺望

「丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)」の魅力の一つである美しい夕日の絶景。日常を忘れることのできる綺麗な景色は心を癒してくれる。

日本海を一望できる夕日ヶ浦温泉の展望露天風呂

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)の大浴場

「丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)」の魅力の一つである天然温泉。日本海を一望できる夕日ヶ浦温泉の展望露天風呂を楽しむことができる。

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)の大浴場

アルカリ性泉で美肌効果があると言われている。ゆったりと旅の疲れを癒やしたい。

夕食:懐石料理

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)の夕食

お風呂に入ったらお待ちかねの夕食タイム。どんな夕飯が待っているのだろう。

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)の夕食

「丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)」は美食を味わえる宿として知られており、懐石料理を楽しむことができる。後々まで記憶に残る食事になるだろう。

朝食:丹後の食習慣であるフレッシュな海草やお野菜を中心とた、「丹後のおばんざい」

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)の朝食

楽しみにしていた朝食の時間。普段は控えめでも宿泊先での朝食はお腹が空いてワクワクしてしまう。「丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)」は朝食が評判で丹後の食習慣であるフレッシュな海草やお野菜を中心とた、「丹後のおばんざい」を味わえる。

朝食の後はお土産店でも

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)のお土産店

朝食の後に時間があれば売店ものぞいてみたい。丹後のお土産や特産品が置いてあるので目当てのものが見つかれば買ってしまおう。

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)へ

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)の外観

「丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)」は落ち着いた雰囲気で癒しの時間を楽しめる旅館だ。美しい夕日の絶景が見れることや魅力的な天然温泉などの魅力がある。丹後旅行や丹後周辺へ観光するときには是非とも「丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)」に宿泊してみてほしい。

アクセス

【車】北近畿タンゴ鉄道 網野駅から車で5分

【近くの宿】お宿 五郎兵衛ペットと泊まれる宿・弁天館シーサイド佐竹

詳細情報

名称
丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)
ジャンル
旅館
客室数
9室
住所
京都府京丹後市網野町浅茂川366
アクセス
[車]北近畿タンゴ鉄道 網野駅から車で5分

常に最新の情報に更新するよう心がけておりますが、宿の情報は常に更新されているため、正確な情報は事前に公式HPやSNSなどからご確認いただくことをおすすめします。情報の正確性については保証されませんのであらかじめご了承ください。

丹後の "ホテル・旅館" ランキング